買取できない車に注意しておく

「買取してもらいにくい車」はありますが、基本的に「買取できない車」はありません。ただし「基本的に」との文字があるように、実際に買取できない車もあります。

 

それは、必要書類や鍵のない車です。買取業者が車を買取するときには、必要書類を揃えて名義変更の手続きをすることで買取の手続きは最終的に完了するのですが、書類がなければその手続きを完了させることができません。

 

 

車買取に必要となる書類を確認

具体的に必要な書類というと、車検証や印鑑登録証明書、自賠責保険証明書に自動車納税証明書、実印やリサイクル券の他にも、場合によっては住民票や委任状も必要となります。これらのいずれかが欠けても、買取り手続きを完了させることができません。

 

では、必要書類がない場合にはどうすればいいのでしょうか。いずれの書類も手続き方法は異なりますが、再発行できますので安心してください。車検証の再発行は、自動車のナンバープレートを管轄している陸運局で可能です。車検証の再発行には、身分証明書や理由書、手数料納付書に認印、必要に応じて委任状、破損や焼失などで一部のみ車検証が残っているならば残りの車検証も必要です。

 

その他の書類の不備について

自賠責保険証明書は、保険料を支払っている損害保険会社で再発行してもらうことができます。保険会社がどこか分からない場合、販売店でその車を購入したならば、その販売店に問い合わせるといいでしょう。

 

自動車納税証明書は、管轄の都道府県の事務所で再発行が可能です。ただしその「管轄」というのは、納税した都道府県のことで、納税後に他の都道府県に引っ越した場合でも、納税時の都道府県の事務所で手続きをしなければなりません。あまりに遠方の場合には郵便による再発行手続きも可能ですので、詳しくは該当する都道府県の事務所に問い合わせしてください。

 

リサイクル券は、「自動車リサイクルシステム」というホームページから再発行ができます。実印や印鑑登録証明書を紛失した場合には、市区町村の役場に行って再発給をしてもらいましょう。

 

その他の査定に関する基本情報は車査定見積もりを見ておきましょう。

 

大幅な査定マイナスも覚悟しておく

書類はどうにかなりますが、鍵となりますと車が動かないので結構厄介です。その対応方法は、まずはその車のディーラーに相談してみましょう。そこでマスターキーを作ってもらえればしめたものです。最近では、キーレスエントリーやスマートキーを採用している車が多いですが、それを紛失してしまうと大幅なマイナス査定となります。

 

いずれにせよ、買取に必要なものを紛失したら、すぐに手続きをすることが重要です。

 

また、上記の何れに該当をするとしても、車の査定自体はいつでも無料で行えます。特に一括査定であれば高い査定額も期待出来るので、最も高い買取額を知りたい方は車査定比較で最高額を見つけてください。